Explorez Calligraphie et plus encore !

Découvrir des thèmes similaires

흉라심취-대련

흉라심취-대련

홍진미도시산함

홍진미도시산함

심화평 마음의 평화

심화평 마음의 평화

Calligraphie,Graphisme,Art Chinois,Calligraphie Chinoise,Kandi,Choses Intéressantes,Sculpture,Calligraphie Japonaise,Chinese Brush

【上尊号奏】 黄初元年(220)。河南省の漢獻帝廟の中に存り、碑文は32行、一行ごとに49字ある。内容は魏王曹操没後に、その子曹丕に臣下の者が、黄帝位につくことを進言した上奏文である。歐陽脩の集古録によると「梁鵠の書なのか鐘繇の書なのかわからない」とあり、鐘繇の手によるものという決定的な確証はいまだないが、上奏者の列名中に鐘繇の名が刻まれている。書風は後漢の史晨前後碑などの比較的温雅な趣を持ち、漢碑のオーソドックスなスタイルを見せている。ただ、この頃すでに、漢隷のピークは過ぎており、その様式自体が面白味に欠けた形骸的なものになってしまっていることは否めない。

【上尊号奏】 黄初元年(220)。河南省の漢獻帝廟の中に存り、碑文は32行、一行ごとに49字ある。内容は魏王曹操没後に、その子曹丕に臣下の者が、黄帝位につくことを進言した上奏文である。歐陽脩の集古録によると「梁鵠の書なのか鐘繇の書なのかわからない」とあり、鐘繇の手によるものという決定的な確証はいまだないが、上奏者の列名中に鐘繇の名が刻まれている。書風は後漢の史晨前後碑などの比較的温雅な趣を持ち、漢碑のオーソドックスなスタイルを見せている。ただ、この頃すでに、漢隷のピークは過ぎており、その様式自体が面白味に欠けた形骸的なものになってしまっていることは否めない。

가빈도부

가빈도부

독전산수락

독전산수락

화개경설-대련

화개경설-대련

대련

Calligraphie Chinoise

국제뉴스 모바일 사이트, 정통 서예 대가 '송천 정하건 산수전(傘壽展)' 열어

국제뉴스 모바일 사이트, 정통 서예 대가 '송천 정하건 산수전(傘壽展)' 열어

Pinterest
Rechercher